2016年度からA4フラットファイル対応ランドセルが主流

カルスポイオン大型ランドセル

A4フラットファイル対応のランドセル2016年度から主流になりました。⇒ 2016年度からはかなりのランドセルがA4フラットファイル対応になっています。A4クリアファイル対応ランドセルを製作しなくなったメーカーもあるほどです。今後この傾向はますます強くなると考えられます。

A4フラットファイル対応(横幅が23.0㎝以上×高さ31.0~32.0㎝)のランドセルは2016年度から主流を占めています。

A4フラットファイルとは

念のために確認してください。A4フラットファイルとは「A4用紙に2個の穴を開けて止める」タイプのファイルです。

コクヨなどの紙製のものを使った経験があると思います。誰もが馴染みのある良く使われる紙製のファイルです。

a4フラットファイル-vert


安全のためにA4フラットファイル対応ランドセルを選ぶ

子供たちが体操服をランドセルの横にあるナスカンにぶら下げているのを見かけたことがあるでしょう。

車を運転する立場から見ると危ない事も起こり得るというのが印象です。体操服を入れた袋を手に下げるのもありですが、ランドセルに入れた方が安全です。

そういう安全対策上、A4フラットファイル対応のランドセルにして体操服など入れるという考えかたもできます。

確実に容量が大きくなるのは間違いないところですが、何でもかんでも入るほど容量が大きくなるわけではないところが難しいところです。


以下は2015年度までの情報です。

2016年度からはA4フラットファイルが主流を占めています。

A4フラットファイルどころかA4クリアファイルが入るランドセルさえ必要ないと・・

日本鞄協会ランドセル工業会は「A4フラットファイルだけでなく、A4クリアファイルの入るランドセルさえ必ずしも必要ない。」と言っています。

教科書や副読本は幅21㎝以下だから、たった1枚のファイルのために大きなランドセルにするのは考え物と述べています。

確かに、少しでも軽いランドセルをと考えているお母さんにとって、たまにしか持って帰らない1つのA4フラットファイルのために、大きなランドセルを購入するのは考え物。

たまにのことなら手提げ袋に入れれば済むというのにも一理あります。

A4フラットファイル対応に否定的だったメーカー

天使のはね

天使のはねのセイバンの社長は、A4クリアファイルの入るサイズさえ必要ないと最後まで仰っていましたが、世の中の風潮には逆らえなかったようです。

私の個人的な考えですが、1950年代からランドセルを作っているような老舗のブランドが林立するランドセル業界の中で勝ち抜くために、新興のブランドの戦略として「A4フラットファイル」対応ランドセルを強く推し進めているのではないかと思います。

まだどこも余り作っていないA4フラットファイル対応ランドセルでブランドイメージを作り、大いに宣伝してかなり支持されました。

2016年度は多くのメーカーがA4フラットファイルを採用しています。A4フラットファイル対応ランドセルが主流を占めだしたのはランドセルメーカーの戦略です。

とはいっても、A4クリアファイル対応とA4フラットファイル対応のランドセルはそれほど大きさの違いがあるわけではありません。

ララちゃんランドセルはどちらがA4フラット対応なのか分からない程、目立った大きさの違いはありません。

A4フラットファイル対応ランドセルを購入すれば、サイズによる問題は生じないので、A4フラットファイル対応ランドセルを選択するのも正しい選択です。

A4フラットファイルを使うか小学校に問い合わせる

A4フラットファイルを使うかどうかは、学校によって違うので、入学する小学校にまず、問いあわせてみませんか

東京都の108の小学校で調査した結果、A4フラットファイルどころか、A4クリアファイルさえ使っていなかった小学校が殆どだったそうです。

ただ逆に体操服でもなんでもランドセルに入れさせるような小学校も稀にはあるようです。

おそらく、低学年のうちに登下校で両手が塞がっていると危険との判断だと思います。

学校の回答がA4フラットファイル対応ランドセルを購入の決定要因になるので、学校に問い合わせをしましょう。ただはっきりした回答は無い可能性もあります。

ランドセル購入のためにA4フラットファイルを使うかどうかを学校が考えているとも思えないからです。





戻る
a:12128 t:1 y:2