ランドセルは軽さそれとも容量の大きさで選ぶべき?

欲しいランドセル

人気のランドセル

軽くてたくさん入って丈夫なランドセルが欲しい!
まあ、そんな都合の良いランドセルが無いから困ってるんですが。

迷いの内容

  • ランドセルは軽い方が良いのでは?
    • でも軽いとチャチなのでは?
    • 軽いと壊れやすいのでは?
  • ランドセルはA4フラットファイルはもちろん、沢山入った方が良いのでは?
    • 大きいと重いのでは?
    • 大きいと中揺れするのでは?

ランドセルを選ぶ基準がはっきりとしていないと、何が大事なのかわからなくなり、目移りして困ってしまいます。

結論

画像の説明

A4フラットファイルや体操服、他の副教材も入るランドセルなら、両手がフリーになりますね。すると転倒事故など咄嗟の事故に対応ができるでしょう。


ランドセルは手に荷物を持たなくても良いようにできていると考えれば、安全のためにも、容量の大きなランドセルを選んだ方が良いんだなって思います。


1,500gのランドセルでも背負った時に「軽いという感覚」になるよう随分工夫がされています。海外の大人がランドセルを愛用するのも、この背負い安さがあるからこそです。


子供は日々成長します。ランドセルを僅かな「軽さ」に目を奪われて選ぶのではなくて、容量としっかりした造りで選ぶ事が結局は快適な小学校生活に結びついていきます。




適切なランドセルの重さの考え方

どれぐらい軽ければ良い?

以前は600g台のランドセルがありました。軽いランドセルが良いと言って、購入したママは後で後悔しました。

金属部分がプラスティックになってたり、革が薄かったり、仕切りが省略されてたり、6年保証もないので結局買い直しの羽目に。

今でも900g台のランドセルで、どうかな?と思うようなものがあるので注意してくださいね。

1,000g無いようなランドセルはやめましょう!

1,000g無いと何かが省略されてたり、革が薄かったり。きちんと真面目に作れば1,200g程度にはなるんです。A4フラットファイル対応の自然皮革は1,400~1,500gになります。しっかりしたランドセルなのですから1,200gのランドセルが重いと考えるのは、どんなものでしょう。

例えば鞄工房山本のコードバンランドセルは2015年度で1,400gありました。重い!と想像する人も沢山いるでしょうが、実際には大人気ですし、購入したママも子供たちも背負ってみると軽いと異口同音に感想を述べています。2016年度は少し横幅が広くなったので1,500gになりました。

因みに鞄工房山本のランドセルは、店舗で購入する人は少なくて、ネット購入がかなり多いんです。背負ってみなくても購入するというのは、「背負うと軽い」という口コミを信頼してるからでしょうね。仮にもし重いと感じれば購入後1週間以内にキャンセルできますが、実際にはキャンセルする人はいません。







戻る
a:1719 t:1 y:0