ランドセル選び方のポイント 6年保証と比較

メーカーの6年保証の内容

保証内容フィットちゃん萬勇鞄鞄工房山本天使のはね
6年保証
保証の種類メーカー独自の6年保証日本ランドセル工業会の6年保証メーカー独自の6年保証メーカー独自の6年保証
保証書紛失履歴があるので無料修理履歴があるので無料修理メーカー確認後可能
往復送料往復送料ともフィットちゃん負担片道は萬勇鞄が送料負担。往復送料とも鞄工房山本負担
有償修理の送料負担使用者側の負担使用者側の負担使用者側の負担使用者側の負担
引っ越し後の補償履歴があるので引っ越ししても6年保証はそのまま継続引っ越しをしても6年保証は受けられる歴があるので引っ越ししても6年保証はそのまま継続修理依頼フォームあるいはカスタマーセンターへ連絡します。


6年保証は2種類ある

6年保証

ランドセルメーカー独自の6年間保証と日本ランドセル工業会の6年保証の2つがあります。

どちらの保証も同じようなものですが、メーカー保証の方が修理までスムースに運びます。




ランドセル工業会の6年保証

メーカー保証がなくてもランドセル工業会の6年保証があればが大丈夫です。たとえ引っ越しをしたとしても全国どこで購入しても、引っ越しをしても6年保証は受けられます。購入したショップが無くなってもランドセル工業会の保証書があれば、修理を受けられます。


6年保証はランドセル専門店が利用しやすい

画像の説明

6年保証があるとはいえ、4年も5年も経過後、故障すると電話し辛いと感じるかもしれなせんが、保証期間なので遠慮する必要は全くありません。必ず6年保証を使いましょう。

このとき販売店に電話してもなかなか話がスムースにいかないことがあり、不愉快な経験をされる方もいました。



日本ランドセル工業会の保証カード

そんなときには、手元に「日本ランドセル工業会」の保証カードがあれば、裏面に「ランドセル相談室」の電話番号が書いてあります。会員番号(カード裏に記載)を知らせると製造元の連絡先を伝えてくれます。

製造元に修理&依頼した方が丁寧に対応してもらえます。製造元なのでレンタルランドセルの貸出無料、修理品の往復送料無料等のサービスを行っているのが一般的です。

百貨店ではなくて、ランドセル専門店で購入する方が修理がスムースにできるのです。参考までに書きますが、百貨店モデルは、品質は全く同じであるのに、色の違いだけでプレミアをつけて高く売っているようです。


6年保証対象外

画像の説明

言うまでもありませんが子供さんが壊した部分は無償の修理にはなりません。例えば「ランドセルを閉める金属の部分と革の付け根がちぎれたとします。ランドセルに中身をパンパンに詰め込んで、閉めるために思いっきり引っ張ったそうです

6年保証のあるランドセルは保証書さえ残っていれば修理してもらえます。もし捨ててしまっていた場合もネット購入の場合にはネットの販売店に記録が残っているので大抵保証は受ける事が出来ます(フィットちゃんは確実に受けられます)。今回の場合は保証書があったとしても、子供さんが壊したのですから、有償修理となります。


返品・交換保証

フィットちゃん萬勇鞄鞄工房山本
返品・交換の条件商品の返品は、商品到着後1週間以内にメール、電話で連絡します。※購入者の都合による返品や交換は、送料・手数料などを購入者の負担です。
※商品の使用後の返品・交換はできません。
商品が気に要らない場合や注文内容と異なる場合、万が一の商品不良の場合は交換・返品できます。連絡の上、商品到着後8日以内なら返送できます。返品・交換は未使用品に限ることは言うまでもありません。
ランドセルを背負うなどして肩ベルト等使用感が出た場合は返却・交換できません。
届いてから1週間以内であれば、変換・交換できます。ただし未使用の場合に限ります。



戻る
a:2477 t:1 y:2