半かぶせランドセルの使い心地

出し入れしやすい

ティティ・エ・ティティ

横型で半かぶせのランドセルを使っていた子供たちの感想をそのお母さんが語ってくださったんですが、「出し入れしやすくて使いやすい」そうです。

このタイプのランドセルを使っている子はほとんどいないので、すぐに自分のランドセルを見つけられるのも便利だそうです。周りからはカッコイイとも言われるようで、気に入って大切に使っているようです。変わったランドセルだからイジメられるなんてこともありません。

ティティエティティ構造

ただ難点を言えば、1年生がランドセルにつける黄色のカバーは取り付けにくいようですね。しかしララちゃんランドセルのティティエティティには専用の黄色いカバーがあります。雨の日に着けるランドセルカバーは問題なくつけられるそうです。

半かぶせ

本来の使い方ではないんですが、カブセとランドセルの間に何かを挟む使い方もできません。子供たち、この使い方結構やってます。





半かぶせはカブセの跳ね返りに注意

半かぶせのランドセルの注意点はフタ(カブセ)の跳ね返りが、カブセの丈が短い分、普通のフタよりも強いそうなので跳ね返った金具が鼻に当たったりしないよう、ランドセルを寝かせてフタを開けるようです。注意していればそういう事も防げると思います。ランドセルを立てたままでも開閉ができるのが半カブセのランドセルのメリットでもあります。

また子供が背負っている状態で親が忘れ物をランドセルに入れるには、半かぶせのランドセルは凄く使い良いんです。それにものすごく体格の小さな子供には半かぶせランドセルの特注品を作ってもらったお母さんもいらっしゃいます。ララちゃんランドセルは半かぶせランドセルを扱っていますし、オーダーメイドもあります。
(サイズ変更は原則難しいでしょう)



戻る
a:7407 t:1 y:1