ランドセルを6年後の処理方法

小学校を卒業するとランドセルを使わなくなります。殆どの場合、大人になっても使えるタイプのランドセルではないので、処理に困ってしまいますね。

使わなくなった時の処理に困ります。6年間大切に使ってきたので思い出が詰まっているから単なる物とは思えないためです。

ミニランドセルにリメイクする

処理の方法の一つとして6年間使ったランドセルをリメイクしてミニランドセルを作るということがあります。ララちゃんランドセルがランドセルのブランドメーカーとしてリメイクしてミニランドセルを作っています。

調べてみるとミニランドセルにリメイクする工房は結構沢山あります。納期は半年から1年前後とかなりかかりますが、殆ど一人での作業でしょうから仕方がないところです。

ミニランドセルのリメイク料

それはともかくとして、ミニランドセルに作りかえるのは結構高い費用がかかります。もちろんリメイク料は工房によって違いがありますので、価格は決まったものではありません。

ある工房ではランドセル一つにつき8,800円から18,000円と工房によって価格差がありますが結構高いものです。全てが手作業なので当然の価格ですが、実際に子供たちは思い出として喜んでいるのでしょうか。

ミニランドセル
8,500円
ミニランドセル2ミニランドセル3
8,800円


素敵なランドセルリメイク工房

長谷川皮革工房 横浜ハーバーライト。
なかなか素敵なランドセルのリメイクをされている工房を紹介します。長谷川皮革工房 横浜ハーバーライトは、ランドセルリメイク現状納期~2014年5月受注分【約12ヶ月】かかるようです。
6年間の役目を終わったランドセルはゆっくりと時間をかけて生まれ変わらせてもらいましょう。なかなか素敵な作品が沢山あります。

長谷川皮革工房 横浜ハーバーライト

長谷川皮革工房

長谷川皮革工房 横浜ハーバーライト 長谷川皮革工房 横浜ハーバーライト



戻る
a:3784 t:1 y:7