ランドセルを入れるロッカーを確認する

運動会に招待されたり、秋の入学前の健康診断や学校を地域に開放していたりする機会に合わせて、ランドセルが十分入る大きさがあるかロッカーを確認しましょう。

ロッカーのサイズは学校によってまちまちですから、入学してみたらランドセルがロッカーに入らなかったという事が無いように注意してください。

ランドセルとロッカー


ロッカーに入りやすい肩ベルトと背かん

ランドセルとロッカー

このような形でランドセルをロッカーに入れる事が多いんです。そうすると肩ベルトが立ち上がり、弯曲している場合、肩ベルトが左右別べつに開いてくれる背かんのタイプ(例 フィットちゃん背かん)だと、高さが低くなりロッカーに入れやすくなります。それもあって、このサイトでは左右別々に動く背かんを推奨しています。

横型ランドセルはロッカーに合わない

画像のような横型ランドセルの場合、ロッカーからはみ出すことが多い事もあり、学校によっては禁止しているところもあります。購入して背負って行って初めて禁止だったとわかった例もあります。普通の縦型のランドセルに買い直したようです。学校の対応に疑問を感じますが、購入前に一応確認しておきましょう。

横型ランドセル

ロッカーで確認したい3つのサイズ

ロッカーのサイズ
ロッカーの奥行き

横幅と高さの寸法は需要ですが、更に奥行きを調べて下さい。ランドセルの肩ベルトの下部は画像のように膨らんでいますので、ロッカーに必要な奥行きはランドセルの高さ+ベルトの膨らみになります。



戻る
a:1682 t:2 y:0