持ち手は便利そうで案外危険

持ち手

持ち手というのランドセルを持つときのハンドルですが、便利ですが、案外危険なこともあるんです。

下校時に友達と歩道を歩いていた時に、ふざけた友達が後ろから持ち手をもったんですね。本人は前に歩いているわけですから、結果として後ろに引っ張られる形になり、後方へ転倒したんです。

危うく後頭部を打撲して大けがを負うところでしたが、何とか事なきを得たようです。(ランドセルを背負っていると、後ろ向きに転倒した時に、ランドセルがクッションとなり、頭部を保護してくれます。)

このような危険はおそらく想像もしていない事ですが、現実には起こり得ます。便利かもしれないのであっても良いですが、無くても全く問題の無いパーツですから敢えて選ばなくても良いでしょう。



戻る
a:4027 t:1 y:4