重さを選ぶ時のポイント

素材重さ
人工皮革1,000g~1,300g
牛革1,300g~1,400g
コードバン1,400g~1,500g

人気のランドセルを選ぶ時に、重量を一番重視するという方が多いですね。
素材別のランドセルの重さをまとめると大よそ左のようになります。(A4フラットファイル対応)


超軽量のランドセルの問題

軽すぎるランドセルふわりぃ

さすがに今では600g台という超軽量のランドセルは昔の話です。しかし800g~900gのものはあります。

大事な部品が省略されていたり、金属部分がプラスティックだったりするので、不安なはずですが、軽いから売れるようです。。900g程のランドセルの購入を検討する場合には、壊れやすいなどの問題がないかチェックが必要です。*画像はこの文章とは関係がありません

いくら子供のためを思って軽いランドセルを購入しても途中で壊れてしまっては元も子もありません。そういうランドセルには6年保証も無いことが多いようです。

今は軽さ優先ではなく、背負いやすさを重視するようになっています。背負いやすいということは、多少重くても体感重量は軽いということです。

ランドセルそのものは200g重くても、背負った時に軽く感じるランドセルが主流になってきています。
背負った時に軽く感じるランドセルが軽量のランドセルというわけではありません。

何度も繰り返しますが、ランドセル本体の重さだけにこだわっても仕方がなく、教科書を入れて背負った時に軽く感じるかどうかが大事です。そのため、購入側もフィットしたランドセルを求めるようになっているので、必要に迫られた各メーカーは体感重量を軽くする工夫を重ねています。

ランドセルは予期せず壊れることもあるので、6年間の修理保証がついているランドセルを選びましょう。修理に出している間、代替ランドセルを無料で貸してくれるかどうかもチェックしてください。



ランドセルが重いと感じる場合

人気のランドセル
ランドセルが重い!と感じるのは次の場合です。

  1. ランドセルと背中に間にすき間があると、ぶら下がっているような感じで肩に重量がかかる。
  2. ランドセルの肩ベルトの長さを調整せず長いまま使っている。
  3. 肩とお尻に重量が分散されている(重くは感じませんが、2点がいつも気になります)
  4. 重いものを背中の方に入れずに、背中から離れたところに入れている。
  5. 重いものをランドセルの下の方に入れている。



ランドセルが軽いと感じる場合

*ランドセルに2~3㎏の物を入れて背負ってみましょう。

背中全体に重さが分散されている。背中全体でランドセルを支えているという感じ。ランドセルは荷物を入れて背負ってみないと分からないから、2~3kgの物を入れて背負ってみましょう。

教科書や副教材などを入れると、実際に4,5キロ程度になるのですから、1200gを重い・軽いと言っても仕方がありません。装重量が4,5キロにもなるランドセルでも背中にフィットして軽く感じられるものを選ぶことが重要です。


戻る
a:2731 t:2 y:7