7割以上が祖父母がランドセル資金を出している

ランドセル
ランドセルを購入する資金は祖父母(母親側と父親側の両方)が5割超と以前記事にしたことがありますが、調査によっては実に7割にも上ったそうです。

高価なランドセルをプレゼントできる祖父母の存在

ランドセルは年々高額な物が販売されるようになっています。自然皮革で15万円程度。場合によっては20万もするものもあります。お金に余裕のある祖父母であれば、簡単にプレゼントできるかもしれませんし、親にとってはありがたい存在ですね。

お目出度い入学に「高いから安いもので良い」とも割り切る事が難しいのも現実です。出費を惜しむとケチがついた気分になるのも良くわかります。

ランドセル通学は義務ではない

国公立の小学校へランドセルを使うことを決めた規則はそもそもありません。ですが、やはり一番便利だし一人だけ違うものを使わせるのも可愛そう、いじめの原因にもなりかねない。

そんな気持ちが生じて6万以上もするランドセル購入に踏み切るわけです。6年間使い続けるものと考えれば高くないかもしれませんが、即金で払うとなれば結構つらい。そんなものでしょうか。

ランドセルの価格は右肩上がり

10年前には、平均で29,900円。2014年で42,400円。2016年はおそらくもっと値上がりするでしょう。

高価なランドセルをプレゼントしてくれる祖父母がいなければ、両親が購入する。23%の両親は結構きつい思いをして購入したんでしょう。

コメント


認証コード0259

コメントは管理者の承認後に表示されます。